不動産名義変更は生前贈与の方がいい?

不動産名義変更の中で最も一般的に多いのが遺産ですが、遺産の場合は何かと問題が発生することが多くあります。

きちんとした遺言がない場合には、家庭の事情などは加味されず、法律で決められている内容になってしまったり、相続分配でもめることもあります。

やはり、遺産というと人が群がる、そういったものなんですよね。

つまり、遺産となると融通が利きませんし、いろんな人が相続の権利を主張したり思い通りにいかないケースが多いのです。

回避する最も簡単な方法は、生前贈与です。

生前贈与であれば、家族間での意向を加味した上で、財産を分配できますし、場合によっては早い段階で分配することで、有意義に活用できるものもあります。

例えば親が所有する土地に家を建てたい時に、生前贈与を利用して土地を譲ってもらった上で家を建てるとのちのち問題は起こりません。

しかし、親の名義のまま家を建てて親が亡くなってしまうと、その土地も遺産の1つとなってしまい、場合によってはその家に住めなくなってしまいます。

このように、生前贈与で不動産名義変更を行うことは、財産を持っている人の意向を最大限可能にする有意義なものです。

贈与税というものがネックになりますが、対策を行えば問題ありません。